有精卵と大和肉鶏のぴよたま MYページ

現在のカゴの中

商品点数 0点

合計金額 0円

カゴの中を見る
ぴよたまの卵は有精卵 大和肉鶏とは?旨さの秘密 ぴよたまが自身を持てる理由 保健所での検査結果
使用できるカード

カレンダー

2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

大和肉鶏(奈良県産地鶏)と有精卵のぴよたま通信販売サイト

tel:050-5004-8091

検索条件

孵化のお部屋


有精卵を孵化させる方法


鶏のひよこをかえす孵化(孵卵)の方法に関して、どうすれば良いのかよく質問を頂くのですが、雛を孵すための条件は実は3つだけです。

1、温度37.7℃
2、湿度54.5%
3、転卵(卵の上下を逆にすることで、最低6時間に1回、できれば1時間に1回行ってください。)

この状態を3週間(21日)保てれば、ヒヨコが卵から出てくる事になります。
この中で、特に温度に注意してください。
設定温度より多少低くても孵化にかかる時間が長くなる程度の影響ですが、38℃以上の状態が長時間続くと卵は死んでしまいます。
もちろん有精卵しか孵化しませんし、また有精卵であればすべてが孵化するものでもありません。
興味のある方は、挑戦してみてください。




孵化の記録


鶏のヒヨコが孵るまでの21日間の孵化(孵卵とも言います)過程の記録です。
子供の夏休みの宿題で撮影しました。せっかくなので公開します。
少しグロテスクな写真が含まれますので、気になる方は見ないで下さいね。


孵化の記録写真